岐阜の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん岐阜店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん岐阜店

街の外壁塗装やさん岐阜店

〒500-8367

岐阜県岐阜市宇佐南4-17-1

TEL:0120-148-869

FAX:0585-45-3005

岐阜市・岐南町・笠松町で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-148-869

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > コラム > 大垣市の皆さんサイディングのシーリング施工の様子をご説明しま...

大垣市の皆さんサイディングのシーリング施工の様子をご説明します


皆さんこんにちは!

いつも街の外壁塗装屋さん岐阜店のブログを読んでいただきありがとうございます。

本日は、サイディング(外壁)のつなぎ目が劣化してひび割れてしまった為、大垣市の現場で行われたシーリング施工の流れと一緒に、シーリングの必要性と役割、劣化の原因、工程方法をご紹介します。

シーリングって、そもそもなに?と思って見える方は多いのではないでしょうか。

サイディング(外壁)にとって最も大切な役割を果たしているのがシーリングなのです。

シーリングとは、サイディング材の貼り合わせ部分にできる隙間を埋める充墳材のことです。

現場では『コーキング』とも呼ばれていますが、違いはありません。

このシーリングは隙間を埋めることで雨水が入ることを防止する役割がありますが、いろいろな原因で劣化してしまう為、雨漏りを起こすことがあります。

そのため、メンテナンスが必要な箇所でもあります。

シーリングには3つの特徴があります。

1.長期に渡り変化して硬くなる。

可塑剤(かそざい)が硬くなって、切れや劣化の発生を促進させてしまうのです。

2.種類によって耐久性に違いがある。

3.長持ちする秘訣が高耐候!

(変形、変色、劣化等の変質を起こしにくい性質かどうかが重要!)

毎日、紫外線等のダメージを受けているシーリング材は、劣化するとひび割れが発生します。紫外線や雨に対する強さ、いわゆる高耐候の違いが長く使用できるかを大きく左右します。

シーリングが劣化する原因は、外気温の変化と紫外線、雨風です。

劣化が進むにつれて、目地のひび割れが起こります。

又まれですが、サイディングが劣化により動いてしまい、シーリングが耐えれなくなってしまうこともあるのです。

目地本体のひび割れ!見た目にも目立つ!

シーリングの弾力がなくなり切れて離れてしまう!

このようなことが起こった場合は劣化のサインです‼︎

シーリング施工には『増し打ち』と『打ち替え』があります。

 

大垣市の現場から、シーリングの『打ち替え』工程を写真でご紹介します。

 

 

 

シーリング工事の流れを紹介していきます!

外壁のつなぎ目(間にあるゴム)シーリングが劣化した状態
ひび割れしたシーリングをカッターで切れ目を入れている
劣化したシーリングを剥がした後の状態
サイディングの側面に新しいシーリングが着かないように養生する
新しいシーリングを塗る前のバックアップ材施工している様子
シーリングの密着を高めるためにプライマー(下塗り剤)を塗る
古いシーリングを剥がした部分へ新しいシーリング(コーキング)を塗っていく
ヘラを使って新しいシーリングを均一にならしていく様子
新しいシーリングが塗り終わり養生テープを剥がして乾かす様子

いかがでしょうか?

今回はサイディングの間にあるシーリングについてご紹介しました。

街の外壁塗装やさん岐阜店では、外壁の工事のことで何かありましたらいつでも対応させていただきます。

スタッフ一同お待ちしております!

お気軽にお声掛け下さい!

シーリング工事の現場です。

↓↓↓

https://machigaiheki-gifu.com/blog/8341_mnm.html 

岐阜市、岐南町、笠松町やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん岐阜店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-148-869
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん岐阜店に