岐阜の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん岐阜店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん岐阜店

街の外壁塗装やさん岐阜店

〒500-8367

岐阜県岐阜市宇佐南4-17-1

TEL:0120-148-869

FAX:0585-45-3005

岐阜市・岐南町・笠松町で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-148-869

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

シーリングって素晴らしい仕事してくれるんです!


みなさんこんにちは。

今回も、【街の外壁塗装やさん岐阜店】をご覧いただきありがとうございます。

不要不急の外出を控え、みなさんも家にいる時間が多いのではないでしょうか?

せっかく家にいるのなら、家の外回りを自己点検してみるのもいいです。

普段見ていなかったものが発見できると思います。

さて、今回は家には欠かせない【シーリング材】というものをご説明いたします。

 

■そもそもシーリングってなに??

【シーリング材とは】

シーリング材とは一体なんのことでしょうか。

サイディングの壁の家には必ずあります。建物の防水性や気密性を守るため、壁と壁の継ぎ目や隙間に充填(欠けているところや空いているところに詰める)したり、窓まわりに充填する材料のことをシーリング材といいます。

とても重要な役割を担っているわけです。

そんなシーリング材が劣化(性能・品質が以前よりしはじめると、劣化した部分から雨水が入り込み、外壁の劣化状況が加速されます。

 

■シーリングの劣化状況の様子。

様々な外壁でのシーリングの劣化状況を写真でお伝えします。

シーリングが劣化すると、こんな状況になるんです。

シーリング劣化進行度中

細かくひび割れている。

バキバキシーリングと釘からクラック

剥離している。

シーリングの劣化

ひび割れている。

外壁目地シーリングの劣化

ひび割れてきている。

窓シーリング劣化

剥離している。

シーリング劣化です

ひび割れている。

シーリングの劣化

ヒビが入って剥離している。

カピカピなシーリング

細くなってきている。

■シーリングって一体どうやって変えるの?をご説明。

『シーリングが劣化した』といっても、じゃあどうやって直すのかまでは教えてくれないですよね。

今回は、写真を踏まえてわかりやすくご説明させていただきます。

シーリングは、職人さんが手作業で丁寧に施工します。しっかり養生(保護する)をして、はみ出さないように。まさに職人技ですね。

シーリングの劣化しているところをやり直す

①劣化(性能・品質などが以前より劣る)したシーリング材。

シーリングを剥がす

②劣化したシーリング材をカッターなどで剥がす。

プライマー塗布

③養生(保護すること)テープを貼ってプライマー(最初に塗る塗料)を塗布する。

シーリング打つ

④シーリングを充填(欠けているところや抜けているところに詰める)する。ヘラで押さえながら仕上げる。

シーリング綺麗になる

⑤養生テープを剥がして施工完了。

家のことならなんでも、お困りごとや不安なこと、ございましたら【街の外壁塗装やさん岐阜店】にどうぞご気軽にご相談ください。

スタッフ一同こころよりお待ちしております。

 

岐阜市、岐南町、笠松町やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん岐阜店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-148-869
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん岐阜店に