岐阜の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん岐阜店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん岐阜店

街の外壁塗装やさん岐阜店

〒500-8367

岐阜県岐阜市宇佐南4-17-1

TEL:0120-148-869

FAX:0585-45-3005

岐阜市・岐南町・笠松町で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-148-869

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > コラム > 建物の壁や窓まわりにあるシーリングとは?どんな役割があるの?...

建物の壁や窓まわりにあるシーリングとは?どんな役割があるの?


建物の目地(継ぎ目)や窓まわりにはシーリング材が使用されています。

シーリングの役割としては、建物の防水性や気密性を保持するという役割があります。

シーリングの劣化

一般的なシーリングの寿命は3〜5年で、10年以上経過するとクラック(ひび割れ)が発生します。

クラックを放置すると雨水が建物の中に浸入し、建物の内部が腐食する可能性が出てきます。

 

※シーリングの劣化進行度※

軽度・・・硬化【劣化の進行度は軽い。触ると弾力がなく硬くなっている。】

中度・・・クラック【劣化が中度まで進み、クラックが発生している。】

重度・・・剥がれ,隙間【シーリングが剥がれ、雨水が建物内に浸入する可能性がある。】

最終・・・完全な剥離【完全に剥離し、シーリングがなくなってしまう。】

 

シーリングの劣化
クラックが発生したシーリング

シーリングの施工方法

シーリング施工の流れとしては、

まず既存の劣化したシーリングをカッターなどで切り取り、ラジオペンチなどを使って除去します。

次にプライマーを塗布し、シーリングを重填する部分に沿って養生テープを張ります。

シーリングを重填したらシーリング用のヘラで押さえながら仕上げます。

最後に養生テープを剥がしたら施工完了です。

 

シーリングには「打ち替え」と「増し打ち」があります。

「打ち替え」は既存のシーリングを撤去し施工し直す為、

しっかり密着して雨漏りを防ぐことにも繋がります。

「増し打ち」は既存の上に重ねて施工するので、手間がかからない分安価です。

基本的に外壁のシーリングは「打ち替え」、窓まわりのシーリングは「増し打ち」が良いとされています。

外壁の種類によっては「増し打ち」が良い場合もありますので、

専門の業者に判断してもらうことをお勧めします。

 

シーリングの施工
窓まわりシーリング
シーリング打ち替え
外壁目地のシーリング
打ち替えたシーリング

塗料の高性能化に合わせてシーリング材も進化しています。

塗料の耐久年数に合わせてシーリング材を選ぶことをお勧めします。

 

 

岐阜市、岐南町、笠松町やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん岐阜店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-148-869
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん岐阜店に