岐阜の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん岐阜店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん岐阜店

街の外壁塗装やさん岐阜店

〒500-8367

岐阜県岐阜市宇佐南4-17-1

TEL:0120-148-869

FAX:0585-45-3005

岐阜市・岐南町・笠松町で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-148-869

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

スレート屋根の塗装とタスペーサーを使用した縁切り施工方法


みなさん、こんにちは!

本日は「スレート屋根」と「タスペーサー」についてご紹介します。

スレート屋根(カラーベスト)には屋根材と屋根材の重なり部分に隙間があり、

その隙間から水分を排出し、通気をよくしています。

隙間がなくなると屋根材の下に雨水が浸入した際、

雨水の排出ができなくなり雨漏りに繋がる可能性があります。

屋根のメンテナンスとして塗装工事を行うと、

この数mmの隙間が塞がってしまうことが多い為、

塗装の際は必ず「縁切り」を行う必要があります。

スレート屋根の「縁切り」方法

縁切りの方法には2種類あります。

まず1つ目は、塗装後に塗膜を切っていく方法です。

上塗りまで終了し乾燥させたら、

皮すきやカッターを使って屋根材の重なり部分に切り込みを入れ、

隙間を確保していきます。

この方法は材料費はかかりませんが、

作業時間がかかる為職人の手間が必要となります。

2つ目はタスペーサーを使って隙間を確保する方法です。

下塗り後、屋根材の重なり部分にタスペーサーを挿入します。

タスペーサーの材料費が必要になりますが、

手作業で切り込みを入れる方法より作業時間が短く済みます。

また、タスペーサーのバネ性能により、より良い通気性を確保することができます。

屋根塗装完成
スレート塗装工事
スレート屋根
スレート屋根塗装

タスペーサーを使用したスレート屋根の塗装方法

タスペーサーを使用した屋根の塗装方法を紹介します。

まず下地処理として、高圧洗浄を行います。

そして下塗り後にしっかり乾燥させ、タスペーサーを挿入します。

屋根材幅900mmまでの場合は両端(左右)約15cmの箇所に2個挿入し、

屋根材幅600mm以下の場合は片側(左右どちらか)の箇所に1個挿入します。

2回目の塗り替えなどで屋根材の重なり部分が密着していて挿入しにくい場合は、

皮すき等の工具を使い、隙間を開けて挿入します。

そしてその後は通常の塗装工事と同様に中塗り→上塗りを行います。

塗料によってタスペーサーが溶けてしまう可能性がありますので、

必ず下塗り後に挿入しましょう。

タスペーサー01
タスペーサー02
タスペーサー
屋根タスペーサー

スレート屋根の塗装を行う際は、「縁切り」が必ず必要となります。

通気性をしっかり確保出来る「タスペーサー」をお勧めします。

 

住宅に関するお困り事やご不明点等がございましたら、

弊社までお気軽にお問い合わせください!

岐阜市、岐南町、笠松町やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん岐阜店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-148-869
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん岐阜店に