岐阜の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん岐阜店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん岐阜店

街の外壁塗装やさん岐阜店

〒500-8367

岐阜県岐阜市宇佐南4-17-1

TEL:0120-148-869

FAX:0585-45-3005

岐阜市・岐南町・笠松町で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-148-869

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

モルタル外壁のクラックは補修してから塗装しよう!!


■補修ってとても大事なことなんです!

傷んだ下地は補修してから塗装すること!

日々、太陽の紫外線や雨風にさらされている外壁にとって、経年劣化は避けられるものではありません。なので、定期的な点検により、劣化の早期発見をし、適切に補修することがとても大切になります。

劣化の具合によって、修繕方法も異なります。

 

■モルタル編~

モルタルは経年劣化によるクラックが発生する資材

モルタルは、水を使って砕石と砂を合わせ、乾燥させて作られるため、モルタル自体の縮みや構造木材の乾燥収縮などによって、表面に微細なクラックが発生しやすいという欠点があります。特に日がよく当たる建物の壁など面積の大きい面では、日々の乾燥収縮により小さなクラックが入るのはもはや仕方のない事なのです。また、夏の建物の膨張と冬の収縮を繰り返して大きくなったクラックから雨水が浸入すると、家のすべてがむしばまれてしまう最悪の結果になることもあります。

モルタルの外壁構造

小さなヘアークラックは『刷り込み』による補修で解決

ヘアークラックとは、髪の毛ほどの幅(0.2~0.3mm以下が目安)の細くて浅いひび割れのことです。一見とても小さなクラックではありますが、それでも放っておくと危険です。補修しましょう。塗装だけではその場しのぎになってしまい、数年もするとクラックの跡が出てきてしまいます。ヘアークラックを補修する場合は、下塗り剤による『刷り込み』工程が必要です。少し難しい話にはなりますが、微弾性フィラーやセメントフィラーといった下塗り剤を、ラスターなどの硬い刷毛を使ってクラックの中に刷り込んで補修します。

修繕方法

弾性フィラーの刷り込み方法

弾性フィラーなどの下塗り剤を、硬い毛の刷毛を用いてクラックの中に刷り込みます。

ヘアークラックの修繕方法
ヘアークラック

危険度の高い構造クラックはプライマー+シーリングで補修

幅が0.3mm以上で、深さが5mm以上あるクラックを『構造クラック』といいます。そのまま放っておくと基礎の強度が低下し、建物を支えられなくなる危険もがあります。構造クラックの場合、少しの地震などの要因でヒビが動くことがあるため、まずは弾力性の高いシーリング材でヒビを埋めることが大切です。工程は、シーリングが十分充填されるよう、クラックを工具でV字にカットします。そこにプライマーを塗布してシーリング材を充填していきます。

修繕方法

クラック部をV字にカットし、プライマー・シーリング材で補修

シーリングを中まで充填させるため、クラックをV字にカットします。プライマーを塗布してシーリング充填します。

構造クラックの修繕方法
構造クラック

■クラックのある外壁

ヘアークラック少し
がっつりクラック
クラックが枝分かれ
縦にクラック
岐阜市、岐南町、笠松町やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん岐阜店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-148-869
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん岐阜店に