岐阜の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん岐阜店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん岐阜店

街の外壁塗装やさん岐阜店

〒500-8367

岐阜県岐阜市宇佐南4-17-1

TEL:0120-148-869

FAX:0585-45-3005

岐阜市・岐南町・笠松町で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-148-869

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

ご存知ですか?建築業界で使われる単位まとめ


建築用語コラム

建築業界では、様々な単位を使うことがあります。

担当者との打ち合わせの時に、「今の単位なに?どれくらいの大きさのことなの?」と、思われる方もいるかと思います。

わからないまま話を進めてしまい、実際に思っていたのと違った!ということにならないように、

建築業界でよく使われる単位をまとめてみました。

よかったら参考にしてくださいね!

よく使われる単位

寸(すん)・・・長さの単位で、1寸=約30.3㎜(3.03㎝)

尺(しゃく)・・・長さの単位で、1尺=約303㎜(30.3㎝)

1尺5寸(いっしゃくごすん)・・・よく使われる区切りのいい長さ。半間の半分。1尺5寸=約455㎜。

半間(はんけん)・・・よく使われる区切りのいい長さ。1間の半分。半間=約910㎜。

間(けん)・・・長さの単位で、1間=約1820㎜(181.8㎝)

t(とん)・・・重さの単位で、1t=1000kg

%(ぱーせんと)・・・勾配の度合いを示す指数。斜路などを1/100勾配で示す。

m2(平方メートル・へいべい)・・・面積の単位で、1m×1m

m3(立方メートル・りゅうべい)・・・体積の単位で、1m×1m×1m

in(インチ)・・・長さの単位で、1in=約25㎜

 

1寸1尺1間のサイズ
和の風景
襖の写真
障子の写真

日本の家づくりでは、「尺貫法」が生きています。

家づくりで間取りを考える際、頻繁に出てくるのが尺貫法による長さの単位「寸」「尺」「間」です。

「尺貫法」は、日本古来の度量衡の一つ、長さの単位です。

「畳」と「帖」はどう違う??

畳の写真
フローリングの写真

日本では、昔から畳が使われていました。

この畳一枚分の広さを「1畳」と言います。

しかし、間取りのプランなどを見た時に、畳という感じではなく、「帖」という漢字で書かれていることも多いです。

実は、漢字は違っても、示す広さは同じなんですよ。

畳でなく、フローリングの場合は「帖」、畳敷の部屋の場合は「畳」と示して、漢字を使い分けているんですよ。

畳と蚊取り線香

住まいというものは、人間の暮らしと密接に繋がっていて、昔から脈々とその技術も受け継がれています。

なので、伝統的な度量衡がまだ残っているのです。

日本製の家具のサイズも、この尺貫法や畳、坪という単位で使いやすいようにできているものが多いんですよ。

 

もし打合せ等で、わからない単位、用語が出てきた際には、参考にしてくださいね!

 

岐阜市、岐南町、笠松町やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん岐阜店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-148-869
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん岐阜店に