岐阜の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん岐阜店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん岐阜店

街の外壁塗装やさん岐阜店

〒500-8367

岐阜県岐阜市宇佐南4-17-1

TEL:0120-148-869

FAX:0585-45-3005

岐阜市・岐南町・笠松町で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-148-869

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

日本の代表的な屋根材のひとつ「スレート屋根」とは?


日本の代表的な屋根材のひとつ、「スレート屋根」を紹介致します。

瓦屋根が主流な時代から、現代はスレート屋根が主流となってきました。

スレート屋根は別名「コロニアル」や「カラーベスト」とも呼ばれています。

 

スレートには大きく分けて「天然スレート」と「化粧スレート」の2種類あります。

天然スレートは天然の粘板岩を板状に加工した屋根材を言います。

天然石を使用して作られる為、価格が高く一般の住宅にはあまり使用されていません。

化粧スレートはセメントに繊維状の素材を混ぜて板状に加工した屋根材を言います。

化粧スレートは天然スレートよりも費用を抑えることができる為、一般の住宅に使用されています。

デザインもシンプルで現代の洋風な住宅によく合います。

 

スレートは厚さ約5mm程度と軽い為、地震に強い屋根材です。

ですが薄い分強度は低く、割れやすいというデメリットもあります。

スレートは劣化すると割れや反り、釘の浮き等が起こり始めます。

汚れやコケが付いたり、色あせも目立つようになってきます。

コケやカビが割れの原因にもなり、

スレートが割れると雨漏りを引き起こす可能性が出てきます。

スレート屋根の点検目安は7〜8年です。

定期的なメンテナンスが必要な屋根材です。

色あせ,割れ

色あせしたスレート
割れているスレート屋根

苔の生えたスレート
苔が生えたスレート
スレートの劣化

剥がれ

剥がれた屋根

スレート屋根のメンテナンス方法としては、

「塗装」「葺き替え」「カバー工法」があります。

スレートの劣化がひどくない場合は塗装で保護をする方法があります。

ですが塗装は定期的に行う必要があります。(使用する塗料によって耐久年数が変わります。)

葺き替えは既存のスレートを新しいものに替える方法です。

塗装で対処できない場合は葺き替えや差し替えを行います。

塗装

スレート屋根の塗装

カバー方法は既存のスレートはそのままで、

上から新しい屋根材(ガルバリウム鋼板等)を被せる方法です。

塗装で対処できない場合に使用される施工方法で、

既存のスレートを撤去しない分、葺き替えより工事費用を抑えることが出来ます。

カバー工法

劣化した屋根のカバー工法

ご自宅を良い状態で保つ為にはしっかりメンテナンスを行うことが大切です。

屋根に登ることは危険ですので、

専門の業者に点検を依頼することをお勧めします。

岐阜市、岐南町、笠松町やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん岐阜店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-148-869
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん岐阜店に